名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
経過報告。。。?
1ヶ月半ぶりの更新になります。

その間にコメントをお寄せ下さったフロムジャパンさん、いかいかさん、TAKANAOさんを始め遊びに来て頂いた皆様、有難うございました。

相変わらず体調は優れませんが、もう少し暖かくなればと思っておりますのでもう暫くお待ち頂ければと思います…

更新が止まっている間に92年の天皇賞馬レッツゴーターキン、セントウルステークス2勝のゴールデンキャスト、ナイスネイチャの弟として知られるグラールストーンなど名馬が旅立ったようです。

タイミングは逃しましたがこれらの馬についても機会があれば触れたいと思っております。


簡単ですが、経過報告を兼ねまして今日はこれまで。。。




↓グラールストーンが掲載された本サイト「名馬達との再会」入口はこちら
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  



スポンサーサイト
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(1) | コメント(4) |permalink
2011年
賀状



↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
とりとめもなく2010年最終更新
2010年もあと1日。

年末に来て発熱に悩まされ、東京大賞典をスルーしてしまいました…

一応テレビ観戦はしましたが、スマートファルコンの澱みなきハイペースでの逃げ切りスーパーレコード勝ちは見事としか言いようがありませんでしたね。

大井競馬場のレコードタイムは結構長く残る傾向がありますけど、私が生きている間に更新されることはないのでは?と思わされるような限界タイムだったように思います。

兄ワールドクリークと兄弟制覇となりましたが、ワールドクリークが一過性のピークだったのとは違い、こちらはもう少し長く活躍が見込めるのではないでしょうか?

鞍上・武も不本意に終わった感がある2010年の最後に胸のすくような勝ち方がよほど嬉しかったようで、ガッツポーズもいつもより派手だったように思います。

***

その武騎手は今S69勝に終り、海外遠征で日本を留守にすることが多かった2001年を除くとデビューイヤー以来の100勝割れでリーディングもベスト10に届きませんでした。

勿論ケガで4ヶ月のブランクがあっての数字なので、それ程恥ずかしい数字ではありませんが、3月に42歳と既にベテランの域に達し肉体的に下降しつつあるのは確かでしょう。

ただそれに取って代わったリーディングが武騎手より歳上の横山典騎手。

しかもこちらも頭蓋骨骨折などで2ヶ月の休みがあってのリーディング。

地方も併せた最多勝も2ヶ月ブランクがあった内田博騎手という現実を見ると他の騎手は何をしてたんでしょうね…

騎手は群雄割拠の時代に入ったのでしょうか?

***

群雄割拠と程遠いのが高知競馬。

赤岡修次騎手の2年連続勝率3割オーバーが確実な情勢です。

昨年の勝率3割は異常だと思いましたけど、今年は12月29日現在で39.1%、高知のみに絞ると40%超とほぼ10回乗ったら4回勝ってるわけです。

全国地方騎手リーディングでも堂々の3位。

高知競馬の開催数を考えたら脅威ですね。

今年は他にも地方リーディングトップの佐賀・山口勲騎手と金沢・吉原寛人騎手が勝率30%オーバー。

実にアッパレな活躍でした。

これからも地方競馬を面白くしてもらいたいなと思います。

地方の活性化なくして中央の発展なしです。

***

ヴィクトワールピサが勝利した有馬記念。

ブエナビスタの猛追も凄かったしなかなかの好レースでしたね。

僅か2cmの差で明暗が分かれました。

これでヴィクトワールピサの最優秀3歳牡馬は確定的になった感がありますけど、対するブエナビスタの年度代表馬は怪しくなったかもしれませんね。

これで年度代表馬にGⅠ数という単純な要素でアパパネが選ばれたとしても文句は言えません。

印象度でブエナになる可能性も否定出来ませんけど、本当に大きな大きな2cm差(+JCの降着)になるかもしれません。

まぁ明確に出た差なので致し方ないところでしょう。

***

この有馬記念が行われた26日夜には注目のテレビ番組が並んだのは記憶に新しいところです。

TBS系列が亀田祭り、フジ系でフィギュアスケート、テレビ朝日系では最後となるM-1グランプリとジャンルはまるで違えど、全て採点競技という不透明性があるものです。

私はリアルタイムでM-1、録画で亀田祭り、ネット速報でフィギュアという追いかけ方をしたんですが、世間の注目度を表す視聴率の順位としてはフィギュア≧M-1>>亀田祭りとなったようです。(関西はM-1が僅かの差でフィギュアを上回った模様)

まぁ世間の注目度とは別になるんですけど、私の追いかけ方も酷いっちゃ酷いですよね。

ボクシングと漫才のどっちをリアルタイムで見るかって言ったら普通スポーツですよ…

実は管理人、ボクシングは後楽園ホールまで足を運んだことも何度となくあり、東京ドームでのマイク・タイソン来日の際も2回続けて観戦に行ったくらいのファンです。

輪島功一やらガッツ石松が現役だった子供の頃からのファンですから相当年期も入ってます。

ですから普通なら間違いなくこちらをリアルタイムで見ていたと思います。

ですが、今回の亀田3兄弟の試合には全く期待感がありませんでした…

別にアンチ亀田ではありません。

亀田興選手の日本人初3階級制覇という歴史的瞬間が見られる可能性もあったのですが、それ以上にマッチメイクの胡散臭さと最後の結末が予想出来たことがリアルタイム観戦を拒ませました…

名王者だった長男の相手・ムニョスには失礼な言い方かもしれないですけど、もはやセミリタイヤ状態でセレス小林をフルボッコにしたあの往時の迫力はないだろうと…

何より“採点競技”という書き方をしました。

そうなんです、ボクシングってそもそも採点競技じゃないはずなんですよ。

採点は副次的なものであって、ボクシングは倒すか倒されるかのところで争うから面白いはずなんですよね…

既に結果が出ていたフィギュアはさておき、それがM-1優先になった理由です。



しかしながらM-1にしても少なくとも3組くらいはこれが決勝出てくるの?と思いました…

さらに言えば漫才というジャンルでとにかく面白い奴を決めるって言うのがM-1のコンセプトだったはずなんですけど、漫才なのかなぁ?というコンビもいましたよね…

もし本当に漫才ってジャンルであればラジオで聞いててもある程度面白さが伝わると思うんですよ。

M-1は役目を終えたということで今年で最後でしたけど、今年の感じ見てたら終了は賛成ですね。



結局、今回の視聴率の順=注目度の高さに関係していたのは“採点競技”の透明度の順だったような気がします。

わかりやすさとか面白さとか美しさとか、詰まるところ単純なものが求められているのではないでしょうか?

そこへいくと2cm差でもキッチリ判定され勝敗が明確になる競馬っていうのは判りやすくていいですよね。



有馬記念の売上がとうとう400億を切ったようですが、判りやすい競馬の応援を2011年も続けていこうと思います。

ちなみに来年は大正100年にあたるそうです。

大正を基点に歴史が語られることは恐らく未来でもないと思いますが、情報文化、デモクラシー、恐慌と何かと現代を象徴するキーワードはこの時代に大きく発達・発展したもので、そんな時代から100年目という節目に感じるものもありますね。



2010年に復活した拙ブログに遊びに来ていただいた皆様、ありがとうございました。

身体と相談しながらですが、ボチボチに更新はしていきたいと思いますのでまた大正100年にお会いしましょう!





↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
今年の最優秀3歳牡馬はどの馬に?
最終週を残すだけになった今年の競馬。

しかし今年の3歳はレベル高かったですねぇ~

安定してたのはローズキングダムでしょうけど、何となく貰った感のGⅠ勝利ではJRA賞も混迷しそうな気がします。

現時点でGⅠ未勝利であっても有馬を勝った馬が最優秀3歳牡馬になるのかもしれませんね。

皆さんの意見はいかがなものでしょうか?

試しに投票所をメニューに設置してみましたので宜しかったら1票投票していってください^^


1月6日迄投票可能、コメントは50文字までOKです。

また投票所は共有可能にしてありますので、宜しければ皆様のブログにも貼り付けて貰えますと盛り上がるかと…

ただし私もやったことがないのでよくわかりません><


【共有手順】
FC2のFAQには以下のように書いてあります。

左メニューの「他の投票にも参加する」をクリックすると、共有が許可された投票一覧が表示されます。参加したい投票項目の「参加」をクリック→その投票のHTMLタグが表示されますので、ソースを全てコピーして、ブログやホームページの設置したい場所に貼り付けて利用します。
詳細はマニュアルをご参照ください。

きっとFC2の方はこんな感じかなと思います。
・FC2IDでFC2投票を追加
・FC2投票管理画面→投票所の管理→参加(共有)可能な投票所一覧を選択
・参加可能な投票所検索で「2010年JRA賞最優秀3歳牡馬は?(~2011/1/6)」を検索(一部でも可)
・一番右にある「参加する」でタグを取得
・FC2ブログのテンプレにペッタンコ

もしかしたら上の設定4段目までやったところで
・自分のブログ管理画面→プラグインの管理で公式プラグインにFC2投票を追加

これだけでも表示されるかもしれません。


参考迄に投票所URL
http://vote1.fc2.com/poll?mode=browse&uid=15399&no=2





無料アクセス解析





↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
個性派ジョッキーズと出遅れ王が引退
MLBの松井秀喜選手が来シーズンはオークランド・アスレチックスでプレイすることになりました。

プレイヤーとしては明らかに晩節を迎えようとしている松井ですが、今年の赤に次いで来年はグリーンと何か年々派手なユニフォームに身を包んでのプレイとなります。

ユニフォームの色のように派手な活躍は見られるのでしょうか?

グリーンのユニフォームといえば今年は最後の南海ホークス戦士がユニフォームを脱ぎましたね。

読売ジャイアンツの大道典嘉選手。

元南海ファンとしては非常に残念ですが、バットを短く持った独特のフォームで左殺しの代打として活躍した個性派として23年も頑張ったんですからご苦労様の一言しかありません。

南海と同時に身売りされた阪急ブレーブス戦士も北海道日本ハムの中嶋聡選手を残すのみ。

時の流れを考えれば仕方のないことなんでしょうね。



競馬界でも先週は寂しいニュースが駆け巡りました。

栗東所属の7名、美浦所属1名の計8名の騎手が一気に引退し、調教助手へ転身することになりました。

金折知則(栗東・松元茂樹厩舎)→松元茂樹厩舎
菊地昇吾(栗東・本田優厩舎)→本田優厩舎
北村浩平(栗東・須貝尚介厩舎)→須貝尚介厩舎
生野賢一(栗東・音無秀孝厩舎)→音無秀孝厩舎
田島裕和(栗東・藤沢則雄厩舎)→藤沢則雄厩舎
仲田雅興(栗東・藤岡健一厩舎)→藤岡健一厩舎
船曳文士(栗東・藤原英昭厩舎)→中竹和也厩舎
柄崎将寿(美浦・フリー)→柄崎孝厩舎

余り乗り鞍に恵まれていたとは言えなかった美浦の柄崎騎手を含めて、関東では馴染みが薄い騎手が多いのですが、スギノハヤカゼ、ナリタセンチュリーの主戦であった田島騎手、テイエムメガトンでGⅠタイトルを手にしたこともある菊地騎手、ランドパワーで中山大障害を制した金折騎手などその時々で思い出の場面が残っています。

この一斉引退には調教師会主導による厩舎制度の変更によりスタッフの定員減並びに賃金体系が厳しくなり来年以降調教助手への転身が難しくなることが関係してるとのこと。

世間同様競馬サークルにも厳しい風が吹いているようで、失礼な言い方になってしまいますが中卒でずっと競馬に携わって来た彼らにとっては決断の時だったのかもしれません。

ある意味生涯ホースマン宣言とも取れる今回の引退を前向きに受け取り、未来のスーパーホースを彼らが手掛ける日を楽しみにしましょう。



また馬の方でも個性的な一頭の引退が決定。

出走レースで馬番も勝負服も確認せずともスタート直後に最後方にいる馬。

昔のNHKでやっていた連想ゲームで加藤芳郎さんが“出遅れ”とヒントを出したら即大和田獏さんから正答が出てきそうな出遅れ王・マルカシェンクが引退することになりました。

ジャパンカップダートが最後のレースとなり、今後はフランスに渡り種牡馬となるようです。

2歳時の大きな期待に反し、僅か重賞2つに終ってしまった競走生活でしたが、出遅れ以外に持っていた素晴らしい素質をヨーロッパのターフで是非咲かせてもらいたいものです。


↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。