名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
藤田伸二騎手が2度目の特別模範騎手賞を受賞
新年早々から地方競馬で大きな落馬事故があったようです。

船橋競馬所属の本多正賢騎手が4日の川崎1Rで落馬して頭部を強打し、意識不明で病院に搬送された。

落馬事故の原因は1コーナーにおいて他馬との接触しバランスを崩して放り出された後に、後続馬に巻き込まれたとのこと。

まさに命懸けのジョッキー稼業。

本多騎手の無事と回復を祈りたいと思います。



そして中央では藤田伸二騎手が自身2度目となる特別規範騎手賞を受賞した。

年間制裁点0でJRA騎手部門表彰対象となる勝利数、勝率、賞金3部門のいずれかで5位以内というハードルが高い賞で、過去の受賞者は柴田人、河内に藤田自身と延べ4人目の受賞という狭き門。

受賞コメントで

「賞の重みを周りにも認識してもらいたい」

「藤田18人で競馬をすれば審議は起きない」

等等の発言は田○成○元騎手近々受刑者の影響を受けたビッグマウスブラザーズ(もう一人は四位騎手)の面影をまだ残していると言えますが、まぁ個人的にはこういう話ならどんどん言って実行してくれと思います。

一昔前は大抵1開催騎乗停止でしたけど最近は長くて4日間。

このくらいの制裁なら平気な顔してラフプレーに出る人もいて当然だろう。

そら彼らもプロで生活もかかっているのはわかります。

でも自己責任とはいえファンはタンス預金や1ヶ月分の小遣いで夢を買いに来ることもあるわけで、それを背負っているはずのジョッキーの御法だけでフイにされちゃ泣くに泣けないですよね。

何度もここに書いている話題ですけど、騎手の制裁なんかは競艇のスタート事故並にすべきだと思います。

競艇ではまずスタート事故で1ヶ月斡旋停止。

さらに売上が大きいSG優勝戦でのスタート事故は1年間SG出場停止、準優勝戦ではSG4回出場停止、GⅠでも優勝戦ではGⅠ6ヶ月、準優で3ヶ月の出場停止が課せられます。

返還は競馬法変更などが必要になってくるので難しいかもしれませんけど、GⅠでは半年なりのGⅠ騎乗停止、重賞でも3ヶ月の重賞騎乗停止くらいは課してもいいのではないでしょうか?



こんなところで細々書いていても制度が変わるとは思いませんけど、何はともあれ藤田騎手おめでとうございました。




↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
スポンサーサイト
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
福永祐一通算1200勝&年間100勝 with 第30回JC
福永祐一騎手が通算1200勝と2005年以来2度目となる年間100勝を達成。

15年でこの数字、実際非凡な数字であるのは間違いないのだが、天才二世としての過大なる期待からすると物足りなさを感じなくもない数字ともいえる。

私もユーイチには天才の幻想を抱いていた一人。

その証拠が下の写真。

懐かしい馬券

96年3月2日1回中京1日2Rマルブツプレベストがユウイチの初勝利、同3Rレイベストメントで2連勝。

この単勝馬券を未だに持っているというこの素晴らしさ(え

決してコピーではなく実券です。

馬券の購入場所も注目で、関東人なのにウインズ難波。

これ実際にユーイチのデビューに合わせて関西行ったんです…

ところが何と中京デビュー…

行き先を何故変更しなかったかというと、同行したのが競艇好きで本場・住之江で競艇を見たいということで、変更をゴリ押しできる状況ではなかったのです><

ユーイチが阪神でデビューせんのならウインズで馬券購入して初日を住之江にするかということで、途中立ち寄ったこのウインズ難波での記念馬券が残ってます。

200円買ってたっていうのが記念馬券にする気だったのか、配当受け取る気だったのかいまいち不明ですが、その辺はまぁご愛嬌ということでw

この2Rでは現在評論家となってる細江純子もデビューしています(マイネセレナータ・14着)

ユーイチとホソジュンにはこの年の7月阪神開催で5万馬券(ストークS・1着福永&トップサンキスト‐2着細江&レゾンデートル)をプレゼントしてもらったことがあるのもいい思い出ですねぇ…

今年は関西リーディングを直走るユーイチ。

全国リーディングの上位2人がかなり休んでいたことを考えるとこの位置で満足しろとは言いませんが、まずは箔をつけるためにもこの位置は死守してもらいたいものです。



このユーイチのデビュー日に阪神競馬場で行われたチューリップ賞。

1着エアグルーヴ
2着ビワハイジ
3着アジュディケーター
4着ロゼカラー
以下略

ブエナビスタの母・ビワハイジにローズキングダムの祖母・ロゼカラーが出走してます。

ユーイチの記念勝利が重なった週の偶然はサインだったのでしょうか…

だとしたらあまりに手が込み過ぎですよね;;;

さらに言えば先日亡くなったサクラユタカオーの孫が土曜に重賞勝利。

ユタカと孫?

うーん、後付けならいくらでもサインになってしまうものですね。




しかし騎手原因で降着の決着はいつもながら納得がいきませんね…

馬券を買ったファンには何の罪もないのにね…

国際競馬に準じている以上これ以上の制裁が与えられることはないでしょうけど、競艇なんかだと大レースで選手の責任しかないフライング、レイトスタートなどはペナルティはもっと重い上、ファンに罪はないので払い戻しですからねぇ。

ブエナ頭の馬券で勝負していた人にはちょっと気の毒ですね;;;

やはり私はまっすぐ走る騎手が好きです。




↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
桑島隆春~世界に最も近付いた地方騎手
船橋競馬の高松弘之調教師が3/31付けでの勇退を発表した。

75歳という年齢を考えると仕方のないことであるが、老師の勇退で少し気になるのが所属する現役最年長騎手の今後のことである…


桑島孝春…


最近のファンにとっては地方リーディング100位からも漏れてしまいさしたる信頼を置いていない可能性が高いが、伊達に4500超の勝ち星を挙げたジョッキーではない。

私にとっては高配当の使者であり、絶対的信頼を置いているこの桑島騎手を少し語ってみよう。


⇒ 続きを読む
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
大井の荒山勝徳騎手・引退
平成5年東京大賞典を制したホワイトシルバーとの名コンビで知られる荒山勝徳騎手(38歳 大井・秋吉和美厩舎所属)が30日付で引退することになりました。

約20年の騎手生活で226勝は決して一流のモノとは言えないかもしれないが前述ホワイトシルバーと荒山コンビのストーリーが東京シティ競馬サイト内で紹介されています。

私の拙文を読むよりは是非こちらをお読み頂き(要ハンカチストーリーです…)、30日に予定されている苦労人・荒山の引退式に足を運んでやってください。

その1
その2
その3
その4
その5


荒山騎手、お疲れ様!(まだ3日あるから何とか勝ち星を!)
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
Last Fight!
世間より一ヶ月早く競馬の世界は行く人来る人あり。

特に今年は名調教師さんの引退が目立ちます。


⇒ 続きを読む
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。