名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
本サイトの方が一応完了しました
やっとこさ本サイトである「名馬達との再会」で写真とプロフィールだけですがアップ完了しました。

今迄4~8頭くらいづつコラムを書いてからアップしていたのですが、とりあえず形だけでも作ってしまえということで…

まだ34頭ばかりコラムを書き上げなければならないのですが、ここにお立ち寄りの方、宜しければ覗いて行って下さいませ!


年内には完全に仕上げる予定デス!
スポンサーサイト
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
WSJS~ワールドスーパージョッキーズシリーズ
ワールドスーパージョッキーズシリーズ

メンバーを見渡しても何か冴えない気がしてしまう…



⇒ 続きを読む
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
タイコウストーム~波乱を呼ぶ名もなき野武士
何、この馬って皆言うと思う…

誰に聞いても覚えているとは思えない…


インターネットで検索しても殆ど記録が残っていない。かろうじてブチ当たるとすれば1993年当時、大井競馬場で行われた大レースのうち東京ダービー東京大賞典でそれぞれ2着という記録に辿り着けるだろう…

しかしそんな馬が管理人思い出の一頭…



⇒ 続きを読む
再会出来なかった名馬達 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
【予想】JC(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。

本日(土曜)のメインレースはいつからブリリアントステークスと淀短距離ステークスになったのでしょうか…

⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】JCD(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。

アテにならんと謳ってあるとはいえ当たらんなぁ…
でも今週も3連単で!

⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
いくつかの記事が死んでしまった…
気合入れて書いたハートランドヒリュの記事と、あまり気合を入れていないマイルチャンピオンシップの予想記事が死んでしまった。

先週サーバ不具合があったようで一度死んでしまった記事を懸命に甦らせたのだが、またしても…

信頼度が落ちているようなので暫くの間様子を見てから、また更新したいと思います。


ハートランドヒリュ記事は思い入れたっぷりだったのにもうあんな記事書けないよ!ホースマンの記事でも思い入れたっぷりの記事を書いている最中なので今は更新するのが怖い…

責任取れや。FC2!
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
2006年 第31回エリザベス女王杯~降着制度に思うこと…
2006年11月12日 京都競馬場 第31回エリザベス女王杯

実はこのレース、テレビですら観戦していない。

しかしながら1着入線カワカミプリンセス斜行という結末でフサイチパンドラがこのレースを制したという結果が日本競馬史に残った。

1991年天皇賞・秋以来のG?1着馬降着ということで話題になったこのレースを思い出のレースというにはちょっと趣が異なるものの意見を述べてみたい…


⇒ 続きを読む
記憶に残るレース | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
1991年第28回弥生賞~イブキマイカグラVSリンドシェーバー

弥生賞というレースは3歳クラシックロードに直結するレースとして知られている。 それだけにG?という格付けであっても、凄まじい迄の衝撃に出会うことは多い。後の名馬が作り出した数々の場面…


平成に入ってからだけでもソラで思い出すことが出来る…


 ウイニングチケット、フジキセキ、ダンスインザダーク、スペシャルウイーク、ナリタトップロード…


しかし弥生賞の歴史の中に名馬が強さを見せただけではなく様々な意地と意地がぶつかり合ったレースがあった…


筆者の最も印象に残る弥生賞を挙げるなら、先に挙げた後にクラシックを勝ち取ることになる馬達のレースではなくこのレースを選びたい…


     1991年3月3日中山競馬場・第28回弥生賞


 間違いなくこのレースは競馬の歴史を変えた一戦だった…


 


 

⇒ 続きを読む
記憶に残るレース | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】エリザベス女王杯(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。

が、今週はこれくらいしか買い目が思い浮かばないのでこの通り買うか、買わないかでしょう…


⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
オグリキャップ~芦毛の怪物
地方競馬・笠松からやって来た名も無き一頭の芦毛馬…

中央競馬で見せた豪脚はまさに野武士の如し…

いつしか走りを重ねる度にドラマを作り出していった…

そしてその走りに何度も驚愕の声を上げた…

いつのまにか彼はアイドルホースとなっていた…

そして最後に奇跡を起こした…


芦毛の怪物オグリキャップ!!


⇒ 続きを読む
再会出来なかった名馬達 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ナリタブライアン~最強馬
かつて最強の兄弟と呼ばれた同じ母から生を受けた二頭の馬がいた。

兄は2着を外さぬ抜群の安定感で古馬になってから無敵の存在になった。

弟は負け続けた…しかし勝つことを覚えたあの日以降、強さを見せつけて勝ち続けた…


兄は弟が三冠の栄誉を手にする直前に不治の病でターフを去った…弟は兄の分まで三冠目の菊花賞とそして兄弟が激突するはずだったグランプリで他馬を寄せ付けなかった。

兄だけが俺と一緒に走ることを許された存在だと言わんばかりに…

この日を境に最強の弟という呼び名は消えた。


最強馬!ナリタブライアン!!




⇒ 続きを読む
再会出来なかった名馬達 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】アルゼンチン共和国杯(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。

御理解の上、続きをご覧下さい…
⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
JBCクラシック(2006/11/3川崎競馬場)
2006年の地方競馬最大のイベントJBCが今年もやって来た。

我がホームタウン、川崎競馬場での開催は嬉しいことだが…

1日で2つのG?が売りであったはずのJBCが今年は分割開催…

しかもスプリントではなくマイルって何やねん?

スプリント戦とマイル戦では2000mと3200m以上に異なるが持論の筆者としては全く納得がいかない…1600mと2100mだったら両方藪にらみしている陣営もさぞ多かったことだろう。それぞれに的を絞るから面白いのであって、川崎競馬場はちょっと考え直さなきゃいかんぞ!

というわけで今年だけの例外であるマイルはパス。(勝利したブルーコンコルドには敬意を表します。リミットレスビットが一番不運かな…)
3日に行われたクラシックだけ観戦しました。
⇒ 続きを読む
I love 地方競馬!! | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。