名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
やっぱりやっとこか、、、10大ニュース
2006年も今日でオシマイ…
(ウソ、この記事は28日に書いております。)


アリキタリですが10大ニュースの発表と行きますかネ…


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】東京大賞典(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。


今回はアジュディミツオー中心と思っていたが、前回記した川島発言がどうにも気になる…

しかしこちらも有馬記念以上に当てたいレース…

熟慮の結果は…


⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
東京大賞典を語る(2)~2005年第51回アジュディミツオー
昨日に続いて東京大賞典の思い出を…

といっても今度は古い話ではない…

たった一年前のことだが、世界に飛び出した馬が復活勝利を挙げ、最強への道を歩みだした一戦!

そう、アジュディミツオー
⇒ 続きを読む
I love 地方競馬!! | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
東京大賞典を語る(1)~1994年第40回ドルフィンボーイ
地方の有馬記念、東京大賞典

この数年すっかり日付も12月29日開催で固定されてきた。

日付が決まっているレースというのは筆者が若い頃の天皇賞・春(昭和天皇の誕生日に開催=即ち昭和期)のイメージのせいか、何となく格式あるレースを想像させる。地方競馬でも川崎のロジータ記念が大晦日開催と一時期決まっていて川崎の名物になっていたが、最近は開催時期が微妙…今年に至ってはJBCの前座にされてしまった…

話がずれたが今回と次回の2回は間近に迫った東京大賞典にまつわるエトセトラを…

まず最初は南関東のみで行われた最後の東京大賞典

古き良き時代の匂いに溢れかえった最後の大賞典…


⇒ 続きを読む
I love 地方競馬!! | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
コンサートボーイ~たった一度のあの夏に…
1997年から始まった指定交流の統一グレードレース。

現在まで中央競馬勢が圧倒していることは言うまでもあるまい…

その年の4月に統一グレードレースが始まってから5レース続けて中央勢の勝利。最初のG?となった帝王賞でも中央勢の優位は動かないと誰もが思っていた…

しかし現実には地方競馬所属の馬がワンツーフィニッシュを決めた…

それから約2年程の間、G?においては地方勢がやや押し気味であった時代が続くのである…

そんな流れを作った1997年の帝王賞で勝利の美酒に酔ったのは…

コンサートボーイ!


⇒ 続きを読む
記憶に残るレース | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ディープ!勝つ!~'06有馬記念
たった今終わった天馬・最終章…

僕等は確かに見届けた…


2006年有馬記念ディープインパクト完勝!


⇒ 続きを読む
記憶に残るレース | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】有馬記念(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。


この予想は12月22日に書き上げております。

予想なんてどうでもいいんです…

このレースはディープがどう勝つかだけが問われるレース…

にはならない?


⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ミスターシービー~光と影を内包した三冠馬
本ブログの親サイトである「名馬達との再会

とりあえず残すところ5頭の名馬を残してコラムのアップが終わった…


残す5頭は世界の競馬史で顧みても恥ず事なき名馬ばかり。これは年内に全て書き上げるつもりであるが、その5頭で区切りを迎える前にどうしてももう一頭触れておかなければならない馬がいる…

Triple Crownという栄光の座に就いた一方、どうしても超えられなかったものも内包した馬がかつていた…

そしてこれほどドラマチックな馬生を生きた馬がいたのだろうか…

この馬こそ管理人を競馬に浸からせたまさに我が競馬人生最初で最大のメモリー…

今後どんな馬が出てきても生涯一番の思い出はと問われたらこの馬と答え続けると誓いし馬…

その名ぞ、ミスターシービー


⇒ 続きを読む
再会出来なかった名馬達 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
松山吉三郎元調教師、大往生…
20日17時10分、元中央競馬調教師の松山吉三郎氏が肺炎で死去。享年89歳。

松山元調教師1917年生。騎手としてはさしたる実績を残せなかったが、1950年に調教師に転進後はスウヰイスー、トサオー、スターロッチ、モンテプリンス・モンテファストの兄弟、ダイナガリバーら6頭のG?馬をはじめ後に名種牡馬となるシービークロス、ミスターシービーの母シービークインなど数多くの名馬を送り出した。1956年と1958年には全国リーディングの座にも就き先に亡くなった吉永正人騎手を主戦騎手として平地1271勝、障害87勝の計1358勝、うち重賞55勝を挙げ、尾形藤吉に次ぐ中央競馬史上第2位の勝利数を挙げた。1994年を最後に引退した。近年は高齢からくる衰えで闘病生活を送っていた。松山康久師は実子。


謹んでご冥福をお祈りします…

さらば偉大なるホースマン…

偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
アベコーの挑戦!~中山大障害
世間の競馬の話題といえばディープラストランとなる有馬記念一色!

しかしこの週にはもう一つ楽しみなレースがあるぞ!

ハードル界の最高峰!中山大障害!!


⇒ 続きを読む
記憶に残るレース | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
内田博幸、新記録達成!
18日浦和競馬で大記録達成!

内田博幸騎手が浦和競馬第11競走でトーセンマンボを勝利に導き、遂に佐々木竹見の持つ505勝の年間最多勝記録を凌駕する506勝目。

中央競馬込み(地方445勝、中央61勝)での達成で疑問視する声もあるが、実際には現在の地方ルールで1日8鞍という騎乗限度がある中での達成で、勝率という観点で見ても佐々木竹見を凌ぐもの(佐々木21.2%、内田22.4%)。中央で馬が集まりづらいことを考えても内田の記録の凄さに疑う余地はない。


おめでとう、内田博幸
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】阪神カップ(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。


それどころか今週は買わない宣言をしての無責任予想!

…こんなときに当たったりするんだよね…
⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
内田博幸500勝達成!~さあ鉄人越えへ!
地方競馬・南関東トップジョッキーの内田博幸(大井)が年間勝利数を500勝の大台に乗せた。

⇒ 続きを読む
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
武豊騎乗停止
武豊騎手が香港ジョッキーズクラブから騎乗停止処分を受けた。

騎乗停止期間は12/25~1/17の実効5日間。有馬記念でのディープインパクトの騎乗は問題ない…らしいが…



⇒ 続きを読む
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】朝日杯フューチャリティS(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。


今年は、いや今年もクラシックに繋がらないと見ています!


⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
タイストレート~府中ダ1400の弾丸
訳のわからない馬シリーズ第二弾。

あくまでお読みの皆さんにわからないというだけであって、こちとら、その現役時代に追っかけていた一頭です。

不思議な不思議な馬でした…



⇒ 続きを読む
再会出来なかった名馬達 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
大西直宏引退!~さらば、いぶし銀
サニーブライアンで2冠を達成、またカルストンライトオのスプリンターズSやマイネルコンバットのジャパンダートダービーなどG?4勝を挙げたいぶし銀・直ちゃんこと大西直宏騎手が17日を最後にステッキを置くことになった…

決して恵まれているとはいえない騎乗環境であったが80年のデビューから520勝を積み上げた玄人好みの確かな腕と確実にインを突きそして簡単に空けない信念ある騎乗振りはローカルの馬券戦略に欠かせない男であった。

ダービーは2回の騎乗しかないがメリーナイスが勝った87年サニースイフトで2着と97年サニーブライアン1着で連対率10割の成績。これを見てもまさに仕事人!

まだ45歳で老け込む年ではないと思っていただけに残念だ…


有難う!大西!

…しかしまだ2週間もあるんだ!ご苦労様には早い!


頑張れ!大西!突っ込め!大西!差せ~!大西!

と絶叫したいものです。
偉大なるホースメン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【予想】阪神ジュベナイルフィリーズ(G?)
お断り:
本人はこの通り買ってないことが多いです。

レース名すらろくに把握してないレース。





⇒ 続きを読む
アテにならん予想(買ってないけど…) | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
一緒に走った200m~ばんえい競馬
今週行われるステイヤーズステークスは平地日本最長のレース。

本日の東京スポーツによるとこの3600mという距離はJR埼京線の大崎-恵比寿間と同距離だそうで電車が4分で走るところを競走馬は3分45秒前後で走るという面白い比較がされていた。

水道橋博士曰く日本一早い噂の情報紙・東スポもこと競馬、プロレスにだけは力を注いでまともな記事を並べている。

ちなみに筆者は学生時代山手線一周ウォーキングに挑戦した経験があるがお茶の水から神田方面に向かい7時頃だったか出発して0時過ぎに新宿でリタイア。とりあえず中央線の北側だけは歩いたのだが…終電を選ぶか飲み屋を選ぶかで結局飲み屋を選んだが、とにかく駅間4分で歩いたのではないことだけは確かだけに競走馬と並んで走ったりすることは通常なら不可能である。

そんな筆者が競走馬と一緒に並んでレースを体験した経験…ステイヤーズステークスの1/18の距離しかないレース…それが岩見沢でのばんえい競馬であった…


⇒ 続きを読む
I love 地方競馬!! | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。