FC2ブログ

名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
2007馬産地での思い出?~9/7
もう戻って10日以上経つが、この辺で総括を…

今年は天気にも恵まれず(初日が曇→台風、最終日雨)、さらにインフルエンザ禍にも巻き込まれ今迄では一番大変な旅になった。

初日…
この日は私の誕生日でもある。いくつになったかはナイショだがw

白老ファーム(サッカーボーイ)からスタート、だがいきなり見学NG…恐らくどこも見せてくれないよとは白老Fのスタッフの話…一応サッカーボーイのことを聞くと放牧地だけは教えてくれ
道端から見る分には構わないよとのこと。見づらいながらもとりあえずサッカーBとは実に久々の再会となった…(1頭)

続いて社台スタリオンSへ。HP、テレフォンサービスとも展示のアナウンスがあったが信じられないことに放牧でしかもこの日は10時に終了…テレフォンサービスって何なのか?天下の社台ファームにしては恐ろしいまでにお粗末な対応…

続いて吉田牧場へ。ここにはワカオライデンとフジヤマケンザンがいる。フジヤマは相変わらず元気そうなのだが、ワカオライデンの方は…昨年アンバーシャダイを見たときにこれでお別れかと思ったが、全く同じことをライデンに感じた…立っていられない状態で放牧はされていないのでハッキリ見えたわけではないが…地方のSSと呼ばれた強い生命力で何とか立ち直って欲しいが…(3頭)
ここではテンポイントのお墓もある。行ってみると墓の前に一台のタクシーが止まってた。携帯から記事投稿したとおり一人の老婆がテンポイントの墓を綺麗に掃除しておられた。聞けば淡路島から一人で見えられたそうでトウショウボーイの墓参りとディープインパクトの見学を済ませてテンポイントの墓参りに来たオールドファン。僅かな時間とはいえおばあちゃんと会話しながらテンポイントに線香を。すぐ脇にはカバーラップ?やらワカクモ、変わったところではマグニチュードの墓を発見。一番右には忘れ得ぬ名馬・プリティキャストのお墓もあった。おばあちゃんとの会話でTTG時代、そしてプリティキャストと来ては昭和50年代までタイムスリップと言ったところか…

昼食は初日名物・日本一強盗が入るコンビニ・セイコーマートで済ませる。ちなみに北海道に来ると意地でも一般のコンビニには入らずセイコーマートを探す。飲み物が非常に安いのが特徴だ。朝が早い以降の旅程でも朝ゴハンはセイコーマートのお世話になり2リットルのペットで飲み物を車に放り込んでおくのがこの旅行の慣例となっている。

厚真・阿部栄乃進牧場ではリンデンリリーとの初対面。今は亡きジュンペーこと岡潤一郎騎手を思い出す。阿部さんが「今あまり見せたくない」と。インフルエンザを心配してのものかと思ったが、リリーに会って納得。リリーはクマのような冬毛ボーボーになっていた…新陳代謝が…んー、怪しいぞ、コイツも…
阿部さんは実に話好きな方。リリーの娘・ヤマカツリリーの近況について語ってくれ、また1歳のリリーの仔をオーナーブリーダーとして走らせる話をしてくれた。ダンスインザダークとの間に生まれたこの仔。既に一部では取り上げられているらしい。父母とも3歳秋に大輪を咲かせたがこの仔は果たして…このリンデンリリーの06についてはこのブログで追いかけていこうと思う。(5頭)

アテなき門別地区に入り、無難に見せてくれるであろうケンタッキーファームへ。2頭のG?馬・タイキブリザードとオフサイドトラップにエモシオン、ミスタートウジンといった名脇役もいる。残念ながら厩舎見学で顔もまともに見られなかったG?馬だったが、エモとトウジン爺さんは顔が出る厩舎におり一杯サービスをしてくれたw 放牧しているときに来たいが門別地区の午前は普段なら過密スケジュール…適当なホテルがない門別地区(ボロか高いところしかない)では難しいかもしれないなぁ…(9頭)

ここいらから確実に台風の足音を感じる…選んだ先はシチーの総本山といってもいい幾千世牧場。大雨になりつつあったが外から見るとまだキョウトシチーが放牧されていることを確認できたため訪問を決意。スタッフは快く迎えてくれる。ここで必ず聞かれるのは「シチーの会員さんかい?」という一言…キョウトシチーを厩舎で、そしてセイリューオーと久々の対面を果たした。見学中にはタップのストラップを貰った。去年も貰ったのでもう2本目ですとは流石に言わず黙ってお礼を言って受け取ったことは言うまでもないw(11頭)

この日はこれで終ろうかと思ったが、すぐ近くで放牧地がわかっているミホノブルボンのファニーフレンズファームに立ち寄る。すでに厩舎に入っておりアポも取り切れてなかったが「来ちまったら仕方ないなぁ」と原口さんも快く見学させてくれた。厩舎の中だが、実に立派で見学者向けの造りになっているため非常に見易い。ブルボンはいつも通りの大きな馬体で我々にサービスしてくれた。(12頭)

雨が強くなったためこれで打ち切ったがこの日の宿は翌日に備えて浦河までの長距離移動…浦河の常宿・EASTについたときには強い風と横殴りの雨…お構いなしに飲みに出掛けたことは言うまでもなかろう…



初日編・完

スポンサーサイト
2007馬産地より | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
<< 名馬達との再会 更新情報(9/23) | home | ミナガワマンナ、大往生 >>
コメント
そういえば昔、繁殖入りしたスターバレリーナに、頭を噛まれた事がありました^^;;このブログを拝見していると、昔の事を思い出しますね^^
2007/10/03 Wed| URL | ラッシー
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。