名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
15000分の1に泣いた馬
勝負事においてそのスパンが長丁場であればあるほど小差で負けると、より惜しいとか、より悔しいなと思うことはないだろうか?

例えば、陸上。
100m競走で1m負けるのと、42.195kmのマラソンで1m負けるのとどっちが惜しいと思うだろうか?マラソンの方は次やったら違う結果になるかもなんて思わないだろうか?

野球でもシーズン140試合以上やってゲーム差なしで勝率差で順位の上下が決まることは歴史上多々ある。個人成績でもそうだがかつて谷沢健一と張本勲の首位打者争いが6糸差で決着したことがあった。6糸ってシーズン500回打席に立って10万分の6だけ安打が出る確率が違っただけの差…

とはいえ勝負の世界ではどんな差でも勝ちは勝ち、負けは負け。これは純然たる事実である。


さてこれらを踏まえた上で一つ、競馬の負けで一番悔しい負けとは何だろうか?

長丁場でチャンスが少ない、且つ小差の負けとなると競走馬人生で一度しかチャンスがない3000mの菊花賞でハナ差負けなんていうのはどうだろうか?

ちなみに

~ハナ差~
競馬の写真判定で用いられるフォトチャートカメラにおいてスリット差3。1スリットはおよそ1000分の6秒の差で距離にするとハナ差は20cm以内。

3000mで20cmの負けなので距離にすると僅か15000分の1にしか過ぎない。

張本勲の悔しさには及ばないだろうが、一度しかチャンスがないことを考えればこれも相当に悔しくなる差だろう。


調べてみると3頭だけたった一度のチャンスに15000分の1の差で泣いた馬がいたのである。


1966年 スピードシンボリ(勝馬:ナスノコトブキ)
1973年 ハイセイコー(同:タケホープ)
2002年 ファストタテヤマ(同:ヒシミラクル)


何とこの悔しさを味わっているのはいずれ劣らぬ名馬ばかりじゃないか(オイ


2年連続年度代表馬に輝き凱旋門賞にも挑戦したスピードシンボリ!

言わずと知れたアイドルホースであり種牡馬としても優秀だったハイセイコー!

’&%$”¥○×△□@+*<>()=~だったファストタテヤマ。。。


大きな悔しさをバネにした馬達は名馬と呼ばれる域まで駆け上ることが確かに、

誰が何と言おうと確かに、、

太陽が西から昇ろうと確かに、、、

証明されたのである。。。。。。。。。。。。。。。


***** 募集 *****

’&%$”¥○×△□@+*<>()=~

に当て嵌まる言葉を募集します…

字数制限ならびに募集期限はありません。

ファストタテヤマをスピードシンボリ、ハイセイコーに並ぶ名馬に出来る賛歌をお待ち申し上げています。


*********

※本記事は2007年10月3日に書かれたものです。2007年10月7日京都競馬場で行われた京都大賞典を以って引退したファストタテヤマネタを探し出して、引退から菊花賞までの間に掲載しようと準備していたものです。一部加筆訂正致しましたが、基本当時の文章を生かしたまま公開致します。

なお’&%$”¥○×△□@+*<>()=~に入るファストタテヤマ賛歌はタイムリーなネタではありませんが当時のファンがもしこの記事を目にしましたら今も、そしてこれからも募集しています!

管理人はファストタテヤマが大好きです!



さあ、今年の菊花賞は明日スタート!
僅かな差での泣き笑いが見られるのでしょうか?

皐月賞馬もダービー馬も不在でローズキングダムが人気なのでしょうが、2冠を逃した2歳王者が菊を勝つという展開には些か違和感を感じるという管理人の予感は当たるのでしょうか?


2010/10 管理人


↓15000分の1に笑ったヒシミラクルと泣いたファストタテヤマは本サイトにも掲載されています。
こちらからお立ち寄りください。
l_h_ban.gif


スポンサーサイト
名馬達との再会…にまつわるエトセトラ | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< ハートランドヒリュ~飛んでしまった記事への再戦! | home | 私の選ぶ菊花賞馬BEST10 >>
コメント
ファストタテヤマ。
この時の菊花賞の自分の本命馬。
ラフィアンの岡田総帥がさる競馬中継に出演していた。
相馬眼の天才と呼ばれる彼はさすがだった。
単勝100倍の馬を見て良いというと馬券に絡む。
その岡田がダービーのパドックを見て
「この馬は菊花賞向きだね」と言っていた。
ダービーでは2ケタ人気だったが
菊はこの馬からと決めた瞬間でした。
平坦コースでの追い込みは良く穴になってましたね。
よく馬券も買ってた馬です。
とくにエピソードってわけではないですがw
2010/10/26 Tue| URL | はっしーちゃん
[ 編集 ]
は○○○○○○くん、いらっしゃい(え

遅レス&ザッツザプレンティネタでなくてごめんなさいw

ファストタテヤマって馬は軸にするたび自己嫌悪に陥るんですけど、それでもまた軸にしてしまう何か憎めないヤツでした。

気紛れな馬でしたから平坦だけではなく、滞在競馬とかそんなのもあるんでしょうけどね。

騎手があの奇行連発の方ではなく、もうちょい早く変わっていたらどうだったんだろうという想いはちょっとありますねw
2010/11/02 Tue| URL | 管理人
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。