名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
襟裳の秋は花が咲く秋です♪~第22回エリザベス女王杯・エリモシック
2010年NHK大河ドラマの「龍馬伝」が佳境に近づいています。

坂本龍馬役福山雅治や若手俳優など一部の熱狂的なファンに支えられ好評な一面も見られますが、視聴率を見ている限り決して大成功とは言えないような気もします。

元々坂本龍馬をドラマ化したときに、ハッピーエンド寸前から一転暗殺という結末で終わることは中学生くらいになれば誰でも知っていること。

坂本に限らずとも幕末期の志士達は意思半ばにして天寿を全うすることが出来なかった者が大半を占めるわけで、数字は稼ぎつらいというのは昔から定説になっており、今回もそれを覆すには至らなかったというところでしょうか?



管理人は決して歴史好きというわけではありませんが、巷間の志向に全く反するかのように幕末史に関してのみ非常に興味を持っております。

大河ドラマ「新選組!」が放映されていた当時勤めていた会社の社長と酒席を同席させて頂いた際に新選組の講釈を延々と垂れ「オマエは講談師になれるな」と褒められたかどうかはともかくそんな言葉を頂いたこともあります。

元々が歴史的にさほど古くないため、史実が明らかになっている点が多いという理由から幕末史に興味を持つ私としては今回の龍馬伝、脚本的には最低と言わざるを得ません。

史実をあそこまで曲げて作るのであれば、早々に命を散らした志士達に似合うのは青春グラフィティ的な作りではないかと思うのですが…



脚本には価値なしという評価の今回の大河ですが、いくつか見事なキャスティングがあったことは認めております。

まずは武市瑞山(半平太)役の大森南朋。これは見事でした。

情熱的な革命家であると同時に闇の謀略家でもあった瑞山の陰陽二面性を表情だけで見事に演じ切ったという印象です。



それともう一人高杉晋作を演じた伊勢谷友介。

競馬ファンなら見た方もいるかと思いますが、帯広ばんえい競馬を舞台にした「雪に願うこと」で主演。失意のまま北海道に戻り兄の厩舎で働くことになる青年を演じた役者さんですね。

「雪に願うこと」では兄役を演じ、個人的に今や存在感日本一の役者だと思っている佐藤浩市に喰われてしまった感もあったんですが、この龍馬伝では、高杉の狂気的な情熱とそれに反するような知性を秘めた冷静さの両面を演じ分け、主演・福山龍馬を喰ってしまったと言っても過言ではなかったように思います。



高杉晋作は個人的に凄く好きな史実の人物なのですが、今迄自分の理想に当てはまる演技をした方はいなかったように思います。

主なところだと日本テレビ年末時代劇「奇兵隊」で松平健が演じた高杉はあの濃い目の松平さんの顔がちょっとオッサン臭を醸し出しすぎて晋作の行動力の源であったはずの若さみたいなものが感じられず、かなり前の大河「花神」の中村雅俊は、青春ドラマの雅俊さんそのまんまに情熱的な部分だけがクローズアップされた感じがしました。

中でも一番違うと思ったのは映画「幕末青春グラフィティ・RONIN坂本龍馬」の吉田拓郎が演じた高杉でしょうか…

あれは吉田拓郎がキャラ立ちし過ぎた暴れん坊将軍みたいな高杉でしたね…

坊主にまでなったはずの高杉の髪型がアンドレ・ザ・ジャイアントと同じってのはさすがにね…



いつも長い前フリが今日はさらの長い…

まぁ、タイトルの兼ね合いでもうだいたい察しは付いていると思います…

そう、この吉田拓郎を引っ張り出したかったのがこの前フリです…

さらに言ったら吉田拓郎というよりは「襟裳岬」を引っ張り出したかったんですけどねw

襟裳とエリモってことで…



もうここまで書いたついでなんで書いちゃいますけど、

「襟裳岬」は森進一のイメージが強いでしょうけど、作った拓郎が歌う「襟裳岬」はなおGoodです。




さて、ようやく辿り着いた本記事の主役、エリモシック。

父は欧州歴代最強馬と言ってもいいダンシングブレーヴ。

説明はいらないだろうが、シリウスシンボリが出走した凱旋門賞で弾丸のように最後方から飛んで来た馬である。

種牡馬入り後にマリー病を発症し、さらに初年度産駒が全く走らなかったことで日本にやって来た。

その輸入初年度産駒の一頭がエリモシックである。

輸入の経緯からそのネームヴァリューに反し、初年度産駒には良質と言えない牝馬が多く、頭数も制限されていたブレーヴ。



そんな状況だったからこの馬もデビューするまで全くと言っていいほど評判にはならなかった。

だが新馬2戦目を河内洋の手綱で勝ち上がり、次走はなみずき賞を強烈な捲りで快勝する。

いわゆる西の秘密兵器的にオークストライアルで1番人気、本番でも2番人気に支持されるが何れも惜敗に終わる。

期待された秋だったが、条件戦を1つ勝って臨んだ秋華賞でもファビラスラフィンを捕まえきれず、続くエリザベス女王杯は体調不良のまま出走で着外に敗退し休養。結局タイトルには手が届かず終いだった。



古馬になってからも冴えぬまま秋を迎える。

夏の札幌で的場均と新コンビを結成してから復調気配を見せていたエリモシック。

先行馬ペースだった府中牝馬S4着を経由し、古馬牝馬の本番、2度目のエリザベス女王杯に挑戦することになる。



的場に乗り変わってからのエリモシックは道中後方からというスタイルはそのままであったが、その仕掛けどころが明らかに河内が乗っていたときに比べギリギリまで我慢し直線に入ってからとなっていた。

捲りから完全な追い込み馬へのマイナーチェンジ。

一瞬しか速い脚がなかったエリモシックにはこのマイナーチェンジがプラスに作用したと思っている。



このエリザベス女王杯で人気を背負っていたのは同じ追い込みのダンスパートナー。

奇しくもエリモシックの前任である河内洋が手綱を取っていた。

同じ末脚自慢の標的に対し、ジョッキーきってのスナイパーと言っても過言ではなかった的場が取った戦法はこのダンスパートナーをじっくり見ながらの競馬であった。

今見返しても、ダンスパートナーが仕掛けるまでは意地でも仕掛けないという人馬の意思がはっきりと意思統一されていることが見て取れる。

両馬とも内ラチピッタリを進んだが、人気馬の宿命と若干長めの脚を使える強みを生かしてダンスパートナーが進出するが、エリモシックはさらに後方から進出して来た2頭に交わされてもまだ動こうとはしなかった。



エリモの仕掛けは直線、それもコース中央あたりにポッカリと穴が空いて進路が確保されてからだった。

ダンスは既に中団に付けていたがごちゃつく馬群を捌くために外へ持ち出す。

横に動いたダンスとまっしぐらに縦をつくエリモが馬体を合わせたが、勢いの差は歴然としており、エリモがクビ程前に出た。

あとは一瞬の脚を使ったお釣りしかなかったとしても、そのリードを保つことはエリモにも的場にもさほど難しいことではなかった。

エリモシックにとって生涯最初で最後のタイトルをもたらしたこの秋華賞は勝負どころの動き一つがどれだけ重要であるかを見せ付けられ、競馬をまた一つ理解出来たような一戦だった気がする。




君は二回目だよね エリザベスカップに
去年はいまひとつだったね
捨てられてしまった 河内さんだけを
ピッタリ マークして
やや早過ぎた 去年の仕掛け
想い出して 初タイトルだね
エリモの秋は 花が咲く秋です



うん、こんな替え歌は完全に蛇足だ。。。



l_h_ban.gif


スポンサーサイト
記憶に残るレース | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< まだまだ続く女の戦い~レディースジョッキーズシリーズ&ロジータ記念 | home | エリザベス女王杯・プチ展望…をしてみたが >>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/16 Tue| |
[ 編集 ]
↑●●●●さま

コメント有難うございました。
直接連絡させて頂きましたが、万一届いていないようでしたら再度コメント頂ければ幸いです。
状況変化しましたが、今後とも宜しくです^^
2010/11/19 Fri| URL | 管理人
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。