名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ライフタテヤマがローリングエッグスクラブへ
5日に開幕した大正100年記念?競馬。

今週はいよいよクラシック戦線開幕戦とも言えるシンザン記念が行われます。

第35回のシンザン記念勝ち馬ダービーレグノを取り上げようと思っていましたが、管理人正月から体調不調に加え、酷い背筋痛に悩まされておりまして…

あっさり終る記事に切り替えさせていただきます。



第19回のシンザン記念勝ち馬であるライフタテヤマが今年の元日に生まれ故郷の谷岡ファームを離れローリングエッグスクラブへ移動しました。

既に29歳と高齢で最後まで生まれ故郷で余生を過ごすと思っていたのですが、谷岡さんも相当のご高齢だったので移動となったのかなと勝手に推測しております。

大事にされていた馬でしたから、そんな理由でもないと手放すわけないと思ってますからねぇ。

まぁ移動といっても車で15分程度と目と鼻の先です。

本サイトのライフタテヤマの項にて記したのですが、ライフタテヤマは父である名馬・ハイセイコー像のモデルになった馬でもあります。

機会があったら並べた写真をと思っていたのですが、丁度いいので今回アップしてみました。


管理人は胸前とか尻なんかまさにモデルになったことがアリアリとわかる写真だなと思いますけど皆さんはどう思われるでしょうか?



ライフタテヤマ(2004撮影)とハイセイコー像


・移動情報を更新(2011/1/9)
ライフタテヤマ(繋養先変更)




↓ライフタテヤマはこちらに掲載されています
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
スポンサーサイト
「名馬達との再会」更新情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 98年札幌王者・マイネルプラチナムが逝く | home | 藤田伸二騎手が2度目の特別模範騎手賞を受賞 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。