名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
98年札幌王者・マイネルプラチナムが逝く
年明けからの体調不良。

背筋痛と思っていたのですが、内臓から来てる痛みと判明…

いつも見に来ていただいている方には申し訳ありませんが、暫くは更新頻度を落とします…



平成23年度のBTC助成馬一覧が12日に掲載されました。

ここに載るイコール繁殖引退を意味していますが、フサイチソニック、シルクジャスティス、スエヒロコマンダーあたりが種牡馬引退となったようです。

また我が愛する南関東の雄たち、コンサートボーイにマキバスナイパーもリスト入りしていました。

第二の馬生として血を残す役割は終わりましたが、幸せな余生を過ごしてもらいたいと思います。

またBTC助成馬は基本展示が義務化されていますので、比較的気軽に会える馬ということにもなります。

全国広く散っていますが、お近くにお寄りの際には是非立ち寄るのも手だと思います。

(勿論牧場によってアポが必要だったり、見学時間も異なりますからそれはふるさと案内所で事前に問い合わせて下さい)



このリストの最後に対象から外れた馬のリストも出るのですが、そこを見たところ1/11にマイネルプラチナムの死亡が記されていました。

世紀末の覇王・テイエムオペラオー世代の札幌王者。

札幌3歳S後骨折が判明。

それでも何とかクラシック前の若葉Sに間に合い、そこで見せた剛脚は、この年のクラシック戦線の主役を務める可能性に溢れるものでした。

だが皐月賞では2走ボケともちょっと違うようなかかりまくりの暴走で惨敗し、ダービーを目指した調教中に再度の骨折しクラシックを断念。

再復帰後も剛脚は甦ることもないまま引退。

生まれ故郷の小野瀬牧場にて種牡馬入り後も、残念ながら中央の勝ち馬を輩出することすら叶わず2007年で種牡馬引退し余生を過ごしていました。

現役時代注目していた一頭だっただけに若過ぎる死がとても残念でなりません…





↓本サイト「名馬達との再会」入口
l_h_ban.gif

   ↓  ブログランキング ↓      クリック、宜しくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ    
にほんブログ村  
スポンサーサイト
再会出来なかった名馬達 | トラックバック(1) | コメント(3) |permalink
<< 経過報告。。。? | home | ライフタテヤマがローリングエッグスクラブへ >>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/19 Wed| |
[ 編集 ]
体調、大丈夫でしょうか。
内臓の痛みとは心配です。

早く快復されるよう、祈っております。
2011/01/23 Sun| URL | TAKANAO
[ 編集 ]
久しぶりに訪問させて頂きましたが、体調は大丈夫でしょうか?
無理なさらずご自愛くださいませ。

記事のマイネルプラチナムですが、私も当時期待しておりました。
皐月賞で本命にしました。木幡も地味だけど好きな騎手なんで期待したんですけどね・・・
15歳くらいですか?まだ若いですね・・・
とにかくご冥福をお祈りします。
2011/02/06 Sun| URL | いかいか
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
| 2012/11/17 Sat |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。