名馬達との再会…にまつわるエトセトラ

HP「名馬達との再会」で紹介しきれなかった競馬あれこれを綴るブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
JBC開催危機…
地方競馬最大の祭典が開催危機に陥っている…

社団法人ジャパンブリーダーズカップ協会が大井競馬を主催する特別区競馬組合に対して、大井競馬場で行われる予定であったJBCクラシックならびにJBCスプリント競走をへの支援を中止する旨の通知を行った。

現役外国馬導入を決定した大井競馬に対する抗議行動であり、賞金の一部ならびにロゴやレース名の使用が不可能になる。

生産者、主催者、双方の立場はわからんでもない。

しかし最大の問題は発表されていたJBC競走が行えなくなるファン無視の行動。

それでも中止となるなら…

大井ファンの私としては大井競馬に独立を目指してもらいたい!
ダートコースを一新しアメリカ型粘土質ダートの導入、提携のサンタアニタ競馬場などと組んだ「日本で見られる本場の競馬!」

既に馬主として入っているダーレー軍団と組んでも良し!

この形ならファンとしては文句はない。

大井は日本の競馬概念を壊し続けてきたオピニオンリーダーである。
むしろ大井に本当に離れられたら困るのは日本競馬界ではなかろうか?

はっきり言うがJBC競走をやるのに相応しい地方競馬場は少ない…
大井以外は盛岡くらいである。一昨年の名古屋、昨年の川崎、来年の園田あたりでJBCをやると言われても正直片腹痛いのである…

持ち回りという大義名分を振りかざし、レースの格を下げるだけの距離変更を繰返し、迷走するJBC競走というブランドに大井競馬は拘らずに進んでも良いと思う。

ケツの穴が小さいJBCよ!
思い出して欲しい!
世界に挑戦していた「あの時の気持ち」を…


************
「あの時の気持ち」に相応しいタイミングなので次回は事あるたびに当ブログで予告していました「あの馬」の世界挑戦についてUP予定です。

スポンサーサイト
I love 地方競馬!! | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
<< 更新情報(2007/3/14) | home | 【予想】中山牝馬ステークス(G?) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
JBCJBC* 日本放送協会(\'\'Japan Broadcasting Corporation\'\')の略。但し、正式な呼称はNHKであるため、JBCは一般的ではない。* ジャパンブリーディングファームズカップ* 日本ボクシングコミッション(Japan Boxing Commission)の略。* JBC出版社の通称。Japan Brazil...
なぎさの日記 | 2007/10/17 Wed |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。